« 仲間との食事 | トップページ | 20世紀最大の環境破壊 »

2007年6月28日 (木)

化学物質過敏症

みなさんは、化学物質過敏症という病気をしていますか?

説明すると

身の回りに存在している、さまざまな種類の化学物質に反応して苦しむ環境病。人によって、化学物質を受け入れる許容範囲は違うが、それを超えると誰でも突然発症してしまう。すると大脳辺縁系に障害をきたし、体を上手くコントロールできなくなり、さまざまな症状が出る。一度発症すると、わずかな化学物質にも反応してしまい、普通の生活を送ることさえ、きわめて困難になってしまう。現在のところ決定的な治療法も特効薬もないが、自然治癒力を高めることで改善の道もある。

(素敵な宇宙船地球号ホームページ参照)

この番組でこの病気にかかった女性のことをやっていました。

彼女が10歳のとき、化学物質過敏症だと分かりました。原因は前に住んでいた家に使われていた化学物質だったといいます。

建て替えた今の家は、空気圧を変え、外気が入らないようになっており、彼女の部屋は更に空気管理が徹底されています。

彼女は立ち上がることもできず、ベッドの上だけで生活しています。外からの化学物質を断ち切るために、友達が訪ねてきても家の中に入れてあげることができません。
 

彼女の将来の夢は漫画家になるそうです。

学校に行けなくなった彼女は絵や文章で友達に自分が冒された病気のついて訴えています。

現在、日本では70万人がこの病気に苦しんでいます。しかしまだ病気として正式認定されていません。

5年前に化学物質過敏症の外来ができた北里研究所病院の先生は、「化学物質に関して、特に医師は無関心で認識が遅れてしまった」と言います。

彼女の手紙が印象的です。

「Dear地球様。大好きな人を想うようにあなたのことを想えれば、それがきっと大好きな人を守る力になる。」 

きっと彼女が窓の外に出られる空気にすることが地球を守ることにつながると俺も思います。

今回、この記事を書いたのは一人でも多くの人にこの病気のことを知ってもらいたかったからです。

最後に元気にスカッシュができる自分がとても幸せだと思いました。

この番組のホームページアドレス

http://www.tv-asahi.co.jp/earth/

|

« 仲間との食事 | トップページ | 20世紀最大の環境破壊 »

環境問題」カテゴリの記事

コメント

世の中にはたくさんの病気があってそれぞれ苦しんでいる人がいるのだなと思いました。まして特効薬もなく、医師の関心が薄いのはこれから改善していかなければならない点ではないのかなと思いました。
また地球環境と人の病気がつながっているなんて考えたこともなかったです。ここ最近は地球環境の危機などについても報じられていますし、本当に少しずつですが環境へ対する認識が増えてきつつあるのではと思います。
彼女が外の空気が吸えることを私も願うと同時に、私も健康であることに幸せを感じました。

投稿: | 2007年6月28日 (木) 02時02分

科学部質過敏症ですか・・・
知りませんでした。
やはり今、健康であることに感謝しなければいけないし、そういう病気を抱えてる人には優しくしなければいけないですね
こういう病気を少なくするためにも、私達の子孫のためにも、環境をよくしていかなければいけませんね

投稿: ユウスケ | 2007年6月28日 (木) 16時26分

化学物質過敏症、そんな病気があったのですね。
以前友達が電磁波過敏症にかかりました。
電磁波のある所にいられないので
会社も休職して療養していました。
人間が作り出した「便利」ですが
弊害も数多いですね。

投稿: べぃじゅ | 2007年6月28日 (木) 17時14分

前テレビで見たことあるかもしれないです。
いろんな化学物質があふれてきたからこそ起こった病気ですよねー。
今私たちが住んでいる環境を大幅に変えていくことはそう簡単なことじゃないけど
もっと後の世代の人たちのためにも、他人事であってはいけないと思います。

投稿: しおり | 2007年6月28日 (木) 22時06分

初めて知りました。
こんな病気があるということを。
ありがとうございます。知るきっかけを作ってくれて。
世の中には私の知らない病気が、まだまだあるのですね。
今の世の中は、化学物質だらけ。こんな世界では彼女は1歩も外には出ることはできないのですね。

地球環境について、病気について。
いろいろ考えて、しまいます。

投稿: みゆき | 2007年6月29日 (金) 23時24分

彩さんへ
俺も地球環境が病気につながるなんて夢にも思いませんでした。最近、地球環境についての報道が増えていますね。でも人への弊害はあまり報道されていないのが実情です。この記事をきっかけにこの環境病のことを知ってもらいたくて記事にしました。
彼女が外の空気を吸えるようになることを心より祈っています。

ユウスケさんへ
変換ミスです。そこはあまり突っ込まないでください。
そうですね。病気の人には優しくしなければなりませんね。こういう病気をなくすことが後々の子孫のためになると思います。

べいじゅさんへ
あったんですよ。しかもまだ正式に病気と認められていません。
電磁波過敏症ですか。その病気についても調べたいと思います。
しかし人が便利だと思っているものが弊害になるなんて皮肉ですよね。

しおりさんへ
知ってましたか。
今の環境をすぐに変えることは無理ですが一人一人が認識することはできると思います。そうする事が環境改善似たするいっぽになるとおもいます。

みゆきさんへ
いえいえありがとうなんてもったいないですよ。
そうですね。まだまだいっぱい知らない病気があると思いますよ。
この病気はきっと化学物質だらけの世界に警告をしているのだと思います。
子供たちのためにも環境を改善しなければなりませんね。

投稿: たか | 2007年6月30日 (土) 00時20分

化学物質過敏症?
いろんな病気があるんですね?
私もさまざまな病気の事勉強してますが、
やはり、相手の気持ちに少しでも近づくには、
その病気の事を勉強し、理解することから始まると
思います。
化学物質も、大きく言うと地球の環境も、
人間がいなければ発生しなかったもの。
私たちも少しは考えなければならないですね。

投稿: とも | 2007年6月30日 (土) 00時46分

ともさんへ
本当にいろんな病気がありますよね。
しかもこの病気のように病気と病気と認定されてない病気があるのも変な話ですよね。
この病気は環境病ですが人が作ってしまった病気でもあります。本当に環境について真剣に考えるところまで来ています。これを気に真剣に考えたいと思います。

投稿: たか | 2007年7月 2日 (月) 20時15分

コメント遅くなりました。
俺は住宅の設計してます。だからこの病気は知っています。この病気は建材だけではなく
家具に含まれていた有害物質が原因です。
この病気の怖いところは、自然界に存在する
松ヤニとか檜の香りでも発症してしまうところです。
現在では法で建材の有害物質は規制され
換気システムも義務づけられました。
昔よりはかかりにくくなっていると思いますが、
輸入家具や塗料には未だに有害物質を多く含む物も
あります。
早く世界的に規制を掛けて病気が広がらないように
して欲しいですね。

投稿: プニプニ | 2007年7月 6日 (金) 01時27分

プニプニさんへ
知っていますか。
うれしいです。
今では規制が厳しくなっていますね。
でもこの病気はまだ正式に病気と認定されていません。
早く世界的に化学物質に対して規制してほしいですね。

投稿: たか | 2007年7月 7日 (土) 23時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68300/6952928

この記事へのトラックバック一覧です: 化学物質過敏症:

» 北里研究所病院〔白金高輪〕 [ブログで情報収集!Blog-Headline/health]
「北里研究所病院〔白金高輪〕」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。 =2007年7月17日収集分= ... [続きを読む]

受信: 2007年7月17日 (火) 21時51分

« 仲間との食事 | トップページ | 20世紀最大の環境破壊 »